死と向き合わなくてはならないことを教えてくれた戯画。

ここで紹介するマンガは、鬼頭莫宏教員作品、「私ところの」だ。こういう作は、通称ロボット戯画であり、高さ500メートルの甚大ロボット「ジアース」が仇敵のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数呼び名の少年女児で、ここまではロボット戯画としては物珍しい設定ではありません。機体の体格がものすごく警察官いと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル近くだ。

こういう作の設定で衝撃的なのは、パイロットは、戦闘復路、必ず死ぬ、ということです。メイン人パブリックたちが乗ずるロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年女児は15人。最初回の戦闘で最初人、収拾者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの稼働に、人最初人の大事を取り扱うのです。最初人まぶたは戦闘復路、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人まぶたはまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年女児はこういうロボットの競争の家筋をわかることになります。先、連中は、自分たちが必ず死ぬ、という現実と向き合わなくてはならなくなりました。

死と立ち向かう。これがこういう作のトラブルだ。家筋を知らされて以降のパイロットら最初人最初人は、各々のもくろみで死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの生じる相手に復讐講じる者、死んだ残り、自分の臓器を疾患に耐える友人に提供する者、愛する家事を続けるために大事を取り扱う者、様々です。そして、少年女児らが死と取り扱うように、読者です私も一緒に死と向き合うのです。

人は死にます。除外などありません。物語の連中は、ロボットの家筋によって死なねばなりませんが、私達のいらっしゃる現実の世界も、大概は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。あたいは、こういうマンガを通してそれを知りました。闇金についての相談したい